毛穴レスな男の肌作りには酵素洗顔がおすすめ!

毛穴レスな男の肌作りには酵素洗顔がおすすめ!

スキンケアに興味を持った男性におすすめしたいのが、ディープクレンジングと酵素洗顔です。

酵素洗顔は、毛穴の角栓や黒ずみを解消し、肌につやとハリを与えると今話題の洗顔方法です。

酵素洗顔はその名の通り、「酵素」を使った「洗顔」なのですが、その魅力的な効果に注目が集まっています。くすみがちな男性の肌にぴったりのスキンケアなんですよ。

しかし、効果が大きい反面、気を付けないといけない点もあります。そこで今回は、酵素洗顔の特徴と効果、そして注意点や方法について紹介します。

酵素洗顔の特徴

酵素とは、私たちの体内で作られるタンパク質の一種です。動物や植物、微生物などの全ての生物の体内に存在し私たちが生きていく中で必要不可欠な物質です。

酵素洗顔の特徴は、酵素によるタンパク質や脂肪を分解する働きを活用して、古い角質や余分な皮脂、汚れなどを取り除くという点です。

洗顔料はパウダー状になっていることが多く、タンパク質分解酵素と皮脂分解酵素を配合しています。タンパク質分解酵素は、肌の角質の大部分を占めるケラチンなどのタンパク質を酵素の力で分解して溶かす酵素で、パパイン酵素やパイン酵素などがあります。

皮脂分解酵素は、角栓の原因である皮脂汚れを分解して取り除く働きを持つ酵素で、リパーゼやサンゴ酵素などがあります。これらの酵素を含む酵素洗顔は、肌のざらつきやくすみ、毛穴の黒ずみや角栓などが気になる時におすすめです。

酵素洗顔による効果

通常の洗顔は、肌の皮脂や汚れなどを洗い流すためのものですが、酵素洗顔は通常では落としきれない汚れも落とすことができます。

皮脂や古い角質を取り除く効果

酵素洗顔によって、余分な皮脂や古い角質を取り除く効果が期待できます。古い角質を取り除くことで肌のくすみやごわつきを改善し、肌全体のトーンアップにつながります。

特にクレンジングや洗顔に負担無頓着な男性は、一度の酵素洗顔で違いを実感できる事もありますよ。

また、余分な皮脂や古い角質は毛穴に詰まると黒ずみや角栓になりますので、酵素洗顔によって毛穴詰まりを解消することができます。

美容成分をしっかり浸透させる効果

肌に蓄積していた古い角質を取り除くことで、洗顔後につける化粧水や美容液などの美容成分を肌の深部へ浸透させることができるようになります。

最近は冬場の乾燥や、夏の紫外線の対策に軽く化粧水を使う男性も増えていますね。

うるおいを肌の奥へ届けることによって肌にハリやツヤを与えることにつながりますので、酵素洗顔を行った後はいつも以上に念入りに保湿ケアをしましょう。

ニキビや肌荒れを予防する効果

毛穴の汚れを取り除き、肌を清浄することで、ニキビや肌荒れを予防することができます。

ニキビの主な原因は、過剰に分泌した皮脂や古い角質によってつまった毛穴の中で、ニキビの原因となる雑菌が繁殖してしまうことが挙げられます。

そのため、酵素洗顔によって余分な皮脂や古い角質を取り除くと、ニキビや肌荒れを予防することにつながります。

肌のターンオーバー周期を整える効果

男性はほとんどの方が意識した事はないと思いますが、肌は定期的に生まれ変わっています。

古い角質や皮脂を取り除くことで、肌が新しい角質を作ろうとする働きを促します。

そうすることで肌のターンオーバー周期を正常に整えることができるようになります。肌のターンオーバー周期を整えることによって、肌のごわつき改善やニキビ跡の緩和などに効果が期待できます。

酵素洗顔のおすすめの方法と注意点

様々な効果を持つ酵素洗顔ですが、間違った使い方をすると肌トラブルを引き起こす原因になります。

酵素洗顔の注意点を知って、正しい方法で酵素洗顔を行いましょう。

酵素洗顔を行う頻度

酵素洗顔は、週に1回~2回程度行うことがおすすめです。

洗浄力が高いので毎日のように行うと、肌へ大きな負担を与えてしまうことにつながります。特にタンパク質分解酵素が含まれている酵素洗顔は注意が必要です。酵素洗顔によって必要な角質まで取り除いてしまい、乾燥など肌トラブルの原因になることがありますので、肌状態を見ながら少ない回数から始めるようにしましょう。

ゆっくりと肌のお手入れに時間をかけることができる夜の洗顔で行うことが良いでしょう。朝に行った場合には、バリア機能を持った皮脂や角質が少なくなっている状態ですので、いつも以上に紫外線対策をするようにしましょう。

酵素洗顔のおすすめの方法

酵素洗顔料を上手に使うには、まず、手を洗って清潔にしてから、顔もぬるま湯ですすぎ洗いをしておきます。

その後、洗顔料にぬるま湯を加えて、よく泡立ててから優しく顔にのせます。ぬるま湯を加えることで酵素の働きが活発になり、効果が高まります。洗浄力が高いので、普段以上に優しく洗うことを心がけ、泡を皮脂の多いTゾーン(おでこと鼻付近)から泡をのせ、全体に広げていきましょう。

基本的に泡をのせて広げる感覚で行うと良いですが、小鼻周りやあごなどは毛穴の黒ずみ汚れや角栓ができやすいので指の腹を使ってくるくると泡を転がすようにすると効果的です。この時、決してこすらないようにしましょう。

その後、泡を残さないようしっかりすすぎます。洗顔後は、美容成分が浸透しやすい状態になっていますので、丁寧にスキンケアを行います。角栓ができやすいTゾーンだけ酵素洗顔を行ったり、普段の洗顔料に混ぜて使用したりすることもできますので、肌の状態を確認しながら適切に行いましょう。

酵素洗顔が向かない肌の人

多くの酵素洗顔で使用されている酵素の中には、アレルギーの原因になるものもありますので、敏感肌の方や子どもは使用しないようにしましょう。

また、女性の場合は肌が敏感になっている生理前や生理中はあまり使用しない方がいいでしょう。男性もニキビができている時は避けることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする