クレンジングと洗顔それぞれの役割とは?

クレンジングと洗顔それぞれの役割とは?

クレンジングと洗顔の役割について、男性はあまり意識しないと思いますが、実はこの2つ明確な違いがあるってご存知でしたか?

最近のクレンジング剤や洗顔料には、保湿や美白など様々な付加価値が付いた高機能なものや、クレンジングと洗顔の役割を一つで果たすクレンジング剤もあって違いが分かりづらくなっています。

しかし、基本的にクレンジングと洗顔では落とせる汚れが異なるんですよ。そのため、用途によってクレンジングと洗顔を使い分ける必要があります。

スキンケアにとって最も大事なクレンジングと洗顔ですから、しっかりその役割を把握して、つるつるでハリのある美肌を目指しましょう。

クレンジングと洗顔の違いとは?

ではここからは、クレンジングと洗顔の違いについて詳しく見ていくことにしましょう。

クレンジングの役割

クレンジングは、メイク汚れなど密着性の高い油分や、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすためのものです。

油性の汚れは、そのまま水やぬるま湯で洗い流そうと思っても、水と油の混じり合わない性質から、落とし切ることができません。日焼け止めなど油性の汚れが肌に残ってしまうと、毛穴のつまりなどにより、ニキビや炎症など肌トラブルを引き起こしたり、ターンオーバーを崩すことにつながったりします。

男性は、女性に比べると皮脂の分泌量が多いため、特に意識して油汚れを落としてあげる必要があります。

クレンジングには、メイクなどの油性の汚れを浮かす成分が入っているので、毛穴に入った汚れまで浮き上がらせて落としてくれます。また、クレンジングの多くに含まれる界面活性剤によって、水と油が混じり合い、肌にクレンジング成分や油性汚れが残らない状態を作ってくれます。

洗顔の役割

洗顔は、皮脂やほこり、汗、いらなくなった古い角質などの汚れを落とすためのものです。クレンジングが主に油性の汚れや毛穴などに詰まった頑固な汚れを落とすのに対し、洗顔では主に水性の汚れをきれいにします。

女性はメイクをした日にはクレンジングを行ないますが、それだけでは基本的に水性の汚れは肌に残った状態になります。逆に、日焼け止めだけで過ごした日に、クレンジングをせずに洗顔だけで洗い流そうとすると、日焼け止めも油性ですので、肌に残ったままになります。すると、肌に残った成分が毛穴つまりを引き起こし、ニキビや肌の炎症などの肌トラブルの原因となります。

洗顔は朝と夜の2度行うと思いますが、どちらも皮脂やほこり、汗や角質などの汚れを落としてくれます。朝は、寝ている時に分泌された皮脂や汗、少量のほこりなどを取り除くために行いますが、肌の調子や肌質によっては、ぬるま湯で洗い流すだけでも十分落ちてくれるでしょう。

日中は活発に活動をしていますので、皮脂もたくさん分泌し汗を多くかいています。また、ほこりや花粉など様々な汚れが肌に付着していますので、きちんと洗顔を行って肌負担を減らすようにしましょう。

クレンジングと洗顔の違いを意識して美肌男子になろう!

ここまでクレンジングと洗顔の違いについて見てきましたが、いかがでしたか?

男性は特にクレンジングについてはあまり知らないですよね。しかし、肌の皮脂量の多い男性にとっては定期的なディープクレンジングもとても効果的なんですよ。

クレンジングと洗顔を上手に使い分けて、美肌男子を目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする