皮脂はなぜあるの?皮脂が肌に必要な理由

皮脂はなぜあるの?皮脂が肌に必要な理由

気温が高くなったり、体温が高くなったりすると、肌のべたつきが気になりませんか?

この肌のテカリやべたつきの原因は、皮脂です。この皮脂は「汚れ」「ベタつき、テカリの原因」となるものです。ですが、皮脂はデメリットだけでなく実は肌にとって重要な役割を果たしています。

今回は、皮脂の役割や仕組み、また皮脂のデメリットやケア方法についてご紹介していきます。

皮脂の役割とは

うるおいのある健康な肌作りには、肌内部に水分を保つことが欠かせません。実は、肌の水分を保持するためには、皮脂の働きがとても大切です。

皮脂は、肌表面に薄い皮膜を張り、外部から皮膚を守ったり、水分の蒸発を防いだりしています。そして、肌にうるおいや柔軟性を与えたり、肌荒れを予防したりしています。

また、肌を弱酸性に保って雑菌が繁殖しにくい環境を作っており、肌にはとても大切なものなのです。

皮脂の成分

皮脂は、皮膚の内側で脂質を蓄積する皮脂腺から分泌されます。成分は、中性脂肪(トリグリセリド)が約60%、ワックスエステルが約25%、スクワレンが約12%で、毛穴を通って皮膚表面に出てきます。

これに表皮に存在する脂質や皮膚に常在する菌が皮脂を分解することによって、トリグリセリドが約20~30%、ジグリセリド・モノグリセリドが約10%、遊離脂肪酸が約20~30%、ワックスエステルが約20%、スクワレンが約10%へと大きく割合が変わります。

皮膚表面に分泌された皮脂は、汗と混じりながら表面を覆う皮脂膜を作ります。

皮脂膜の役割

皮膚の表面を覆う皮脂膜は、肌内部の水分蒸発を予防するフタの役割をしたり、肌や毛髪にうるおいを与えてつややかに保つ働きをしたりしています。

また、外部の刺激から肌や毛髪を守る働きも持ちます。皮脂の主成分であるトリグリセリドが常在する細菌によって分解されると、脂肪酸が生じ、肌を弱酸性に保ってくれます。

弱酸性の状態は、雑菌が繁殖しにくいため、健やかな肌作りには欠かせません。

皮脂分泌の仕組み

皮脂の分泌量は、性ホルモンの影響を大きく受けます。主に思春期に増加することで知られ、それには男性ホルモンの影響が大きいです。思春期には、男女ともに男性ホルモンの分泌が活発になるので、ニキビなども目立つようになります。

女性の場合、思春期から成人にかけては男性ホルモンとよく似た働きをする女性ホルモンの一つ、黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、皮脂分泌が増加します。

しかし、その後は減少傾向にありますが、男性の場合は、20~40歳代までピークが続くこともあります。

皮脂のデメリット

皮脂は肌にとって必要なものですが、過剰に分泌したり、極端に減少することによって様々なデメリットを生んでしまいます。

皮脂の過剰分泌によるデメリット

皮脂が過剰に分泌すると、皮脂を好む常在菌が増えて、脂漏性湿疹やニキビ、吹き出物ができやすくなることがあります。また、においを発することもあります。

顔の皮脂が毛穴に詰まり、酸化することによってにおいの原因になります。もちろん、これは顔だけでなく、頭皮の皮脂にも同様のことが起こります。

また、酸化した皮脂をそのままにしていると、毛穴周りの皮膚にダメージを与え、毛穴を広げたり黒ずみになったり、様々な肌トラブルを招くことがありますので、注意が必要です。

皮脂の減少によるデメリット

皮脂の分泌が減少すると、肌の水分が蒸発して乾燥を招き、しわや肌荒れ、アトピー性皮膚炎などを引き起こすことがあります。また、皮脂欠乏性湿疹とも呼ばれる乾皮症になることもあります。乾皮症は、皮膚がかさかさして白い粉をふいたり、ひび割れなどで痛みを感じたりする症状です。

健康な肌は、皮脂膜によってバリア機能が働いているため異常が起きづらい状態に保たれていますが、皮脂が極端に減り、バリア機能が破壊された状態が続くと、皮膚上で細菌が繁殖しやすくなります。すると、細菌感染の可能性が高まったり、様々な肌トラブルを引き起こしたりすることがあります。

皮脂のケア方法

皮脂バランスを整えるためには、毎日正しくクレンジングや洗顔を行い、その後のスキンケアを怠らないことが大切です。

また、正しい食生活や良質な睡眠、ストレスをためないなど健康的な生活を送ることも重要です。

正しいクレンジングと洗顔

まずは、自分の肌質や使っている日焼け止めなどに合ったクレンジング剤や洗顔料を選ぶことが大切です。

クレンジングや洗顔をする際には、ゴシゴシこすったり、洗浄成分を肌に長時間のせたままにしたりすることは避けましょう。肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうことで、かえって皮脂分泌を過剰にしてしまうことになります。

やさしく汚れを包み込むようにして、ていねいに洗うよう気を付けましょう。

スキンケア

洗顔後できれば1分以内に化粧水などのスキンケアを行うよう心がけましょう。いくらやさしく洗顔を行っていても、肌のバリア機能は低下している状態です。

早めに水分や美容成分を肌に浸透させ、乳液などでフタをすることで、肌の乾燥を防ぎ、皮脂分泌を適度に保つことにつながります。

男性はここまでする人は少ないですが、洗顔後に軽く化粧水(できれば美容液の方が好ましい)を肌に含ませてあげると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする