クレンジングオイルの優秀な役割とは?

クレンジングオイルの優秀な役割とは?

クレンジングオイルはどのような役割を持つのでしょうか?

普段メイクをしない男性にとっては、クレンジング関連の商品の役割や使用方法って良く分からないですよね・・

そこで今回は、クレンジングオイルの様々な役割や使用法について紹介していきます。

メイク落とし

クレンジングオイルの一番の使い道は、メイク落としです。しっかりメイクの人に向いていると言われていますが、「乳化」することによって多くの人に合ったクレンジング剤となります。

クレンジングオイルは化粧品と同じように油を多く含むクレンジング剤なので、メイクとのなじみが良いです。乾いた清潔な手で、こすらないように気を付けながらオイルを顔全体にのせていき、メイク汚れをオイルになじませます。

その後、手に残ったオイルと水を混ぜ合わせていきます。すると、べたっとした透明のオイルから、サラッとした白濁した液体へ変わっていきます。これが乳化です。この乳化したオイルを顔にのばしていくと顔の肌全体が白っぽくなってきて、サラサラとした軽い感触に変わります。

その後、ぬるま湯で洗顔をすると、つっぱりもヌルつきもほとんどないままにきれいにメイクを落とすことができます。男性がディープクレンジングを行う際もこの乳化作業をするといいですね。

ダブル洗顔不要のクレンジングオイルでなければ、洗顔料でダブル洗顔をする必要がありますが、メイクもオイルもしっかり肌から取り除くことで、肌の負担を減らして健康的な肌を作ることができます。

ポイントメイク落とし

メイクだけでなく皮脂が酸化して油汚れになってしまったものや大気中の汚染物質まで落とすことができる洗浄力の高さがクレンジングオイルの特徴です。その洗浄力の高さは落ちにくいポイントメイクを落とすのに向いています。

男性がポイントメイクを落とす機会はあまりないと思いますが、濃いアイメイクや口紅を落とそうとゴシゴシこすると、色素沈着を起こしてしまう原因となるんですよ。特に皮膚のうすい目のまわりの肌をこすると茶グマやくすみ、しみやそばかすを引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

ポイントメイクの多くは、汗や涙で落ちないという特徴を持ちますが、オイルクレンジングを使えばスッと落とすことができます。まず、コットンにたっぷりとオイルを含ませてまぶたの上に乗せ、10秒ほど待ちましょう。だんだんマスカラやアイシャドウなどのアイメイクが浮いてきて、サッとふき取ることができるようになります。焦ってメイクが浮き上がらないままゴシゴシとメイクを落としてしまうと、ティッシュペーパーぐらいの厚さしかない目のまわりの皮膚は寄れ、しみやシワの原因となります。

一度でメイクを取ることができない場合は、新しいコットンを使って同じようにオイルをたっぷりしみこませて10秒待ってオフすると良いでしょう。マスカラはコットンで挟んで力を入れずに下へ滑らせればオフすることができますし、目じりや目の下に残ったメイクはコットンを折りたたんで角を使って優しくふきとると肌やまつげに負担をかける心配がありません。

日焼け止め落とし

肌にとって紫外線はかなりの悪影響を及ぼします。この紫外線対策として、男性も日焼け止めを使用する方が増えてきましたね。

しかし、最近の日焼け止めは汗や水で、簡単に流れてしまわないように作られています。ですので、必要な時以外はしっかり落としてあげないと、肌トラブルの原因になります。ですが、最近の日焼け止めはカバー力が強く、水洗いや石鹸では簡単に落ちない事も・・

先ほどポイントメイクでも紹介したように、クレンジングオイルは洗浄力の高さが特徴です。油分を多く含む日焼け止めにもよくなじんでくれるので、顔だけでなく体にもクレンジングオイルを使って日焼け止めを落とすことは効果的です。

その後に石鹸や洗顔料を使ってオイル成分をしっかり落とせば、肌を清潔に保つことができます。

毛穴・角栓のケア(ディープクレンジング)

ディープクレンジングは、普段のクレンジングのようにメイクを落とすためのものではなく、古い角質や毛穴の汚れ、角栓などをしっかりと落とすためのものです。普段顔の汚れを落としきれていない男性にはおすすめのスキンケア方法です。

一般に、ディープクレンジングをする前には、スチームや蒸しタオルなどで肌を温めます。そうすることで皮膚が柔らかくなり、毛穴が開いて古い角質や角栓を取りやすくなります。毛穴が開いたらクレンジングオイルをたっぷりと手にとって優しく顔にのばし、くるくるとマッサージをしながら肌になじませていきます。

あまり長時間クレンジング剤を肌にのせると逆に肌に負担をかけることになってしまいますので、こすらず短時間で行うようにしましょう。肌になじんだらぬるま湯ですすぎ、洗顔料をたっぷりと泡立てて顔を洗います。

ディープクレンジングについてはTOPページで詳しく紹介しています。

⇒男性のディープクレンジングの方法や頻度について

頭皮クレンジング

頭皮クレンジングには専用のオイルも市販されていますが、メイク落とし用のクレンジングオイルを使って自分で行うことができます。

まず、ヘアブラシで頭皮をマッサージし、毛髪も軽くとかしておきます。オイルをたっぷり手に取り、頭頂部を中心に頭皮につけ、指の肌で頭頂部から下方向に軽く指圧しながらマッサージをしていきます。毛根を刺激し、オイルが全体に行きわたるようにやさしく行うのがポイントです。

その後お湯でしっかり洗い流し、普段通りシャンプーとリンスをします。クレンジング成分が含まれるオイルですので、あまり長い時間頭皮につけたままにせず、数分間マッサージをしたらすぐに洗い流すようにしましょう。

⇒頭皮クレンジングで男の嫌な臭いもすっきり

クレンジングオイルの役割を知って美肌を作ろう!

クレンジングオイルは洗浄力が高いため、メイクとなじみやすく汚れがしっかり落とせる反面、肌が必要とする皮脂やうるおいも必要以上に洗い落してしまうと思われがちです。

しかしクレンジングオイルは、正しい使い方をすればその欠点も補って様々な役割を持つ優秀なアイテムへと変わります。

男性も少しだけスキンケアにたいして関心持って生活を送ることが大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。